【ロシア】ウラジオストク市内のオシャレなロシア料理店2選

ウラジオストクでおすすめのお店を2つ紹介します!基準は、「ロシア料理のお店である」、「美味しい」、「お店の内装が凝っててインスタ映えしそう」の3つです。ちなみにどちらも一人で行くよりも、友達や恋人と一緒に行くのに良さそうなお店です。

ぺリメニを食べるなら「ローシキ・プローシキ」へ

「噴水通り」の隣の「スヴェトランスカヤ通り」の地下1階にある「ローシキ・プローシキ」は、内装のデザインがとてもかわいいぺリメニ屋さんです。

モダンでかわいい内装は、伝統料理を身近にしてくれそう!

見ての通り、内装に非常に凝っていて、ポップでかわいい印象を受けます。伝統料理というと敷居が少し高そうですが、この内装の印象のおかげで身構えずに気楽に伝統料理を楽しめそうです。

一口サイズのぺリメニの楽しみ方は無限大!

ぺリメニを頼むと、「マヨネーズ」と好きなソース(上の写真ではチリソース)がついてきます。何も食べずにつけて食べても良いですし、マヨネーズやチリソース、スメタナなど自分の好みに合わせて味を変えることができます。一人前の量はそれなりにあるので、いろいろなソースを注文して食べたほうが、色々な楽しみ方ができるはずです。

場所は噴水通り近くの中心地!

冒頭に記載の通り、お店は「噴水通り」の隣の「スヴェトランスカヤ通り」の地下1階です。中心地にあるので、滞在中フラッといってみてはいかが?ちなみに22:00頃に行きましたが、ピロシキなどは売り切れていたので昼間の方が良いかもしれません。

本格的なロシア料理を食べるなら「ポルトフランコ」がおすすめ!

フィラルモニアコンサートホールのお隣の地下にある「ポルトフランコ」は、伝統的なロシア料理を食べることができるお店です。

まるで親戚の家に遊びに行ったかのような気分!

お店に入るとすぐに、昔からずっとこのお店にいるんだろうなっていう感じのおばちゃんが出迎えてくれます。上の写真の場所で中に通されるのを待ちます。まるでロシアの親戚の家にいったような内装は、待っている間もストレスを感じさせません。

席から見える内観もこのような感じ。とてもアットホームな印象を受けます。大人数の団体さんでも入れる広さがあるので、観光ツアーのディナーで使うことも多々あるそうですよ。

伝統料理のボルシチは甘口で飲みやすい!

ボルシチはトマトではなく、ビートという赤い野菜を使ったスープです。よく辛いと勘違いしている方がいますが、ビートがベースなのでとても甘いです。なお、このお店のボルシチはほんのりとした甘さなので、ちょうどよいと思います。横にあるスメタナを入れていただきましょう。

ウラジオストクの海の幸は、絶品!

ウラジオストクは日本海に面しているため、新鮮な海産物が手に入りやすいので、レストランにいったら海の幸をぜひ堪能してください!上の写真はホタテです。おつまみ気分で美味しく食べれました!

場所はフィラルモニアコンサートホールのすぐ隣!

場所はフィラルモニアコンサートホールのお隣の地下。「スヴェトランスカヤ通り」に面しており、噴水通り方面から行くには、地下通路を通って道路を渡る必要があります、

まとめ

ウラジオストクのおすすめロシア料理店は以上の2つでした。なお、他にも素敵なロシア料理店はたくさんあるので、みなさんぜひチャレンジしてみてくださいね。特に、海産物は新鮮な上、安価なので、必見ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする