【ロシア】ウラジオストクの入国手続と市内へのアクセス方法

日本に最も近いヨーロッパとして、来訪する日本人が増えているウラジオストクの入国手続と市内へのアクセス方法を解説します。

準備編

簡易ビザを取得しよう‼

2017年8月以降、ウラジオストク等のロシア沿海地方の入国に関し、簡易電子ビザをネットで申請できるようになりました。

画像出典元:ロシア外務省領事局の専用サイト(https://evisa.kdmid.ru/ja-JP

入国日の6日前までに申請すれば良いので、申請の上、「e-visa notification」(電子ビザ通知書)をプリントアウトして持っていきましょう。詳しい申請方法はこちら⇒https://chris-travel.com/vladivostok-evisa/

飛行機を予約しよう‼

日本からウラジオストクへの直行便は、成田空港(ほぼ毎日/S7航空・オーロラ航空)もしくは関西国際空港(週1便/S7航空)から運航しています。所要時間は、成田⇒ウラジオストクは2時間45分ほど、関空⇒ウラジオストクは2時間程度。S7航空の空の旅についての詳細はこちら⇒https://chris-travel.com/russia-s7air/

また、ソウル経由で行くことも可能で、その場合にはソウルから大韓航空やアシアナ航空に乗ってウラジオストクに向かうこととなります。

入国手続編

入国審査を受けよう!

空港に到着したら、入国審査が待っています。ここで一つ注意。入国審査の窓口はとても少なく(たしか4つか5つ)、私がいった時も3つしかオープンしていませんでした。時間がかかるので、市内に早く行きたい人は早めに並ぶことをお勧めします。

入国審査では、電子簡易ビザを申請して入手した「e-visa notification」(電子ビザ通知書)とパスポートを提出します。そして、滞在目的を聞かれ…ません。ロシア語も英語も分からなくても大丈夫!ただ待っているだけで入国手続が完了するので、静かに待っていましょう。手続が終わると電子ビザとパスポートを返却されます。ロシア滞在中、常に携帯しておきましょう。なお、出国時に電子ビザも必要となるので絶対に無くさないように!

※ロシア入出国カードについて…本来、ロシアへの入出国に必要な書類で、機内で渡されるものですが、ウラジオストクにおいては電子ビザが導入されたため不要となりました。

荷物を受け取ろう!

自分の搭乗した便名の表示されているターンテーブルから荷物を受け取りましょう。トイレもあるので、荷物が出てくるまでに行っておくのもありかもしれません。

なお、紛失や破損の場合は、バゲージクレーム(Заявка на багажの表示)で引換証を見せて交渉しましょう。

税関審査の対象外であれば、そのまま出口へ。

空港から市内へ

夜到着の場合はタクシーに乗っていこう!

空港から市内のアクセス方法は、①バス、②鉄道、③タクシーの3つ。

①バス(107番)…1日に10往復程度。料金は安いが、1時間半程度かかる。なお、107番がウラジオストク駅行き。

②鉄道(アエロエクスプレス)…1時間で到着。料金も230Pと安く、快適に過ごせる。だが、終電が夕方であり、夜到着では使用不可。

③タクシー…1時間程度で到着。空港内に公式のエアポートタクシーを手配してくれるデスクがあるが、19時すぎるともうタクシーはないと言われることもある。非公式の白タクシーはたくさんいるがぼったくりの可能性も高いのでちゃんと値段を確認してから乗ること。

ということで見ての通り、夜到着だと非常に市内に行きにくいです。①か③の二択となりますが、個人的には③を推します。

まず、タクシーを捕まえるためには一刻も早く荷物を受け取り、エアポートタクシーのデスクに行く必要があります。入国検査に早く並ぶことをお勧めしていたのはこのためです。

エアポートタクシーのデスクに着いたらタクシーがあるかどうか聞きましょう。あったらそれにのればOK。エアポートタクシーの運転手が来るまでデスクの近くで待つように言われます。なかった場合は、近くでタクシーを待っている旅行客に一緒に乗せてもらえないか交渉してみましょう。運転手さんには人数増えちゃったって言えば乗せてくれますよ。割り勘率もアップでみんなwin-winです。(私は日本人のカップルに相乗りさせてもらいました。最終的にもう1人加わり、4人で市内に向かいました。)

まとめ

一連の流れを見てもらってもお分かりのように、市内にたどり着く自信のない方は夜到着の便はやめておきましょう。

夜到着の場合は、タクシーが相乗りになることも考慮し、ウラジオストク市内のどこでタクシーを降りても大丈夫なように地図やスマホのGPSを準備しておきましょう。

しっかりと準備をして、旅行を楽しんでください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする